【お買物レビュー】 キューリグ KFE-B50J

キューリグ KFE-B50Jのお買い物レビュー
コーヒーアベニュー
Coffee & Espresso
HOME | ABOUT | SITEMAP | LINK

HOMEコーヒーメーカーキューリグ > レビュー

ポーションカップを使ったキューリグ


Keurig(キューリグ)と言うのは、アメリカからやってきた専用カートリッジ(Kカップ) を使ったコーヒー抽出システムのこと。 日本ではUCCが取扱い、業務用としても活躍中で、 それを家庭用にコンパクトにしたのが、キューリグ ミニタイプ。

日本人にも親しみやすいペーパーフィルターを使った通常のドリップタイプで、 さらに レギュラーコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、中国茶まで 1台で楽しめてしまうのがミソ。

この度、新型 キューリグ KFE-B50Jが発売されたと聞き、いい機会なので 買ってみることにしました。
キューリグ KFE-B50J
Keurig KFE-B50J


ワンカップコーヒーメーカー


Keurig(キューリグ)は、 カップに直接1杯分のコーヒーが抽出される自動販売機のようなワンカップコーヒーメーカー。 抽出量はダイヤルで3種類から選べ、 自動的に止まるオートストップタイプ。

コーヒー粉が密封されたK-CUPを マシンにセットするだけで、手軽に本格コーヒーが 楽しめ、粉の用意や後始末がいらないのが特徴。

サイズ的にはかなり大型で、普通のコーヒーメーカーより むしろエスプレッソマシンといったところ。 ちょっと大きな電動ポットに見えなくもない!?

キューリグ KFE-B50Jのパッケージ
下がすぼまったプロポーション
水タンクを左に、操作系を右に配置


新型キューリグ B50J


曲線を使いながらシャープにまとめられた 精悍なデザイン、 Keurig(キューリグ)KFE-B50J。新型B50Jは、 マシン上部が明るいシルバーでまとめられ、 ドリップトレイにも清潔なステンレスを採用。

B40Jとはハンドルの形が変わり、B50JはハンドルにKEURIGのロゴが刻印。 メッキの上で文字が目立たなくなりちょっと残念!?

デザイン・大きさ的には旧型とさほど変わりなく、 機能的にはB50Jでは、 静音ポンプの採用などで抽出時の振動音が改良されているようです。

サイズ:W260×H330×D340mm
重量 :5.5kg
タンク容量:1.5L
消費電力:1000W
キューリグ KFE-B50J


Kカップのセットも簡単


ハンドルを上げると、ホルダーが手前にせり出し、 ここにK-CUPをセットします。セットしてカバーを閉めると、 中の針で穴が開き、お湯が通ってコーヒーが抽出される仕組み。

ハンドル操作は軽くスムーズで、 抽出後は使用済みK-CUPを取り出し、ゴミ箱に捨てるだけ。 ホルダー内には面倒なカスも残りません。ホルダーやドリップトレイのお手入れも簡単。

通常はトレイにそのままマグカップなどを置いて抽出しますが、 背の低いカップには、カップステージ(台座)も付属しており、 それぞれの高さに対応。
K-CUPをセットするホルダー部分

金属製ドリップトレイ
清潔な金属製ドリップトレイ
背の低いカップに対応する
カップステージ
背の低いカップ用カップステージ
取り外しできる水タンク
外せる水タンク


コーヒー・紅茶・緑茶など豊富なメニュー


Keurig(キューリグ)の魅力は、 1台で コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、中国茶が飲めること。

UCCが用意したこだわりの K-CUPの種類は、プレミアム(ブルマンブレンド、ハワイコナブレンド)2種類、コーヒー10種類、お茶が5種類の合計17種類。 その都度好きな味を選んで楽しめるのがポイント。

コーヒーはバランスがよく、ブラックでそのまま飲むにも最適な味わい。 バラエティ豊富なので、飽きることもないでしょう。 専用ツリーを使えば見栄えもよく、保存もラクラク。
お茶も飲めるキューリグ
キューリグならお茶も飲めます
気になるランニングコストですが、 ブリュースターオンラインストアでは、 Keurig(キューリグ)専用K-CUPは、 1箱12個入りで、1,008円(税込)。 1個当り約84円(プレミアムを除く)と コスト的にはネスプレッソとあまり変わりません。 Amazonや楽天等のショッピングモールでも取り扱っており、 キューリグ販売店であれば、入手は容易でしょう。(※) →Kカップバラエティパック


BREWSTAR K-CUP スペシャルセレクト 
for Keurig(キューリグ) 1箱 20杯入
ブリュースターKカップ
スペシャルセレクト

人気の 10種類の味が楽しめる20個入りアソートセット

※注:種類、価格等は2009年10月末現在のもの


27個分のK-CUPがキレイに収納できる専用ツリー。 3段のツリーがくるくる回転して、 好きなカップがすぐに取り出せ大変便利。 コンパクトで場所をとらず、お部屋のディスプレイにも最適。
K-CUP ツリー

コーヒー、紅茶、中国茶など多彩なメニュー
バラエティ豊富なメニュー
スペシャルセレクト(K-CUP10種類20個)
コーヒー、紅茶、烏龍茶・・・
Kカップとネスプレッソ
Kカップとネスプレッソ


上品なブルーマウンテンブレンド

2009年6月から発売された「プレミアムコーヒー」シリーズの 一つ、ブルーマウンテンブレンド。 値段は通常のKカップより高めの1,260円。

試しに買ってみたところ、 苦味もほとんどなく、酸味も気にならない 絶妙なバランス。 ほのかな甘みと香りで、まるで紅茶を飲んでいるような上品さ。

コーヒーらしいコクや苦味を期待する人には、 若干物足りなさすら覚える優しい味。。。 砂糖いらずでスイスイ飲めてしまう とても飲みやすいコーヒーでした。 お客さん用にもピッタリ!?
ブリュースター Kカップ
プレミアムコーヒー「ブルーマウンテンブレンド」
ちょっとリッチなプレミアムコーヒー
「ブルーマウンテンブレンド」


キューリグの使い方


まず本体左にある水タンクに、 約9分目まで水を入れておきます。 水タンクは取り外しも可能。タンクが空だと 水補給ランプがお知らせしてくれます。

電源プラグをコンセントに差し込み、 カップをトレイに置いたら電源ボタンをON。 給水音が聞こえて、本体への給水が完了すると加熱ランプが点灯。

3〜5分で加熱が終了し、ランプが消えスタンバイOK。 ハンドルを上げてK-CUPをホルダーにセットし、 ハンドルを下げてカバーを閉めます。

後は好みの抽出量をダイヤルで選び、抽出ボタンを60秒以内に押すだけ。

●140ml ・・・通常
●120ml ・・・やや濃い目
●70ml  ・・・アイス用

ボタンやランプが点々としていて、 初めこそ戸惑いを覚えましたが、 一度使ってみたら、意外や簡単。

通常140mlにセットしておけば、普段操作するのは電源ボタンと抽出ボタンくらい。 セットする K-CUPはそのまま置くだけでよく、 穴を開けたりする必要はありません。

B50Jは、給水音が多少するくらいで、抽出音は静か。 エスプレッソマシンのように大きな振動音もなく、 夜間でも安心。
ハンドルを上げK-CUPをホルダーにセット
ハンドルを上げるとホルダーが手前に

ハンドルを上げK-CUPをホルダーにセット
Kカップをホルダーにセットします

電源ボタンをON
電源ボタンを押すとランプが点灯
給水が終わると加熱ランプ点灯
給水完了後加熱ランプ点灯
3〜5分で加熱完了しランプが消灯
抽出量を選び抽出ボタンを押す


オートストップだから簡単


緑の抽出ボタンを押したら約30秒。 設定した抽出量で自動的に止まるオートストップ。 止め忘れてこぼす心配もありません。

背の低い小さめカップにはカップステージという台座 に乗せて抽出しますが、 普通のマグカップであればそのまま置けばOK。

抽出口とトレイとの間隔は約15cm強あり、 試しに サーモスケータイマグ350mlを置いてみたところ、トレイを外さなくても ギリギリOK。トレイを外せば保温ポットなどにも 抽出できます。

セットしてボタンを押すだけ、超簡単! ドリップし終わってポタポタ垂れないのもいいですね。 お出かけ前にコーヒー入れて、マイボトル用にも大活躍!

水はわざわざ水タンクを外さなくても、ふたを開ければ給水できるし、 ハンドルを上げるとホルダーが開いて、 Kカップのセットも簡単。 ネスプレッソも愛用してますが、 キューリグの使いやすさも相当なもの。
抽出ボタンを押すだけ
簡単ドリップ
カップ、グラスを置いて直接ドリップ

ボダム ダブルウォールグラス プレッソ 200ml
二重グラスのボダムプレッソ
ティーマ ティーカップで
ちょうど140ml
ティーマカップでちょうどいっぱい
ティーママグ350mlで抽出
ティーママグだと余裕あり


抽出後のお手入れも簡単


抽出後の使用済みKカップはカスも出ず、 取り出して捨てるだけと、面倒な後始末も一切なし。 あとは、Kカップが入っていたホルダーとファネル を外して水洗いしておけばOK。 ホルダーセットや水タンクは 食器洗浄機でも洗えます。

毎日のお手入れとしては、 1日1回右下のホルダーセットを洗うくらいです。 雫がほとんど垂れないので、トレイのお手入れも あまりいらないほど。 カプセルタイプのコーヒーメーカーは、 手が汚れないので 大変使い勝手がよいですね。

抽出の仕組みは、 ポピュラーなペーパードリップ式。 プラスチック容器の中に、扇形のペーパーフィルターが 仕込まれています。
ボダムダブルウォールグラス プレッソ
コーヒー1杯がすぐ飲めるキューリグ

使用後のKカップ
使用後のKカップには穴が
抽出後のコーヒー粉
抽出後のコーヒー粉
ホルダーとファネル
水洗いできるホルダーとファネル

底に穴が開いた抽出口
底に穴が開いた抽出口
空になったカートリッジ
空になったカートリッジ内
通常のペーパーフィルターと同じ扇型
扇形をしたペーパーフィルター


予算と置き場所があれば超オススメ!


おいしいCOFFEEを入れるには、新鮮な豆を選んだり挽いたり、ドリップしたりと手間がかかるものですが、 キューリグならお湯の温度や量、抽出時間を最適な状態にコントロールしてくれます。

何種類か飲んでみたところでは、それぞれ苦味や酸味のバランスがよく飲みやすい味で、 ブラックでおいしく飲めました。 エスプレッソ中心なら、ネスプレッソが便利ですが、 レギュラーコーヒー中心で楽しむなら、 バラエティ豊かなキューリグは、うってつけ。

購入前はマシンの大きさに躊躇したものの、 いざ使ってみたら おいしいレギュラーコーヒーがいつでも飲めることで、 不満は解消。 使い勝手の良さと味、抽出音も静かで 今やすっかりお気に入り。

・・・キューリグ恐るべし・・・

レギュラーコーヒーが好きな方、お茶もいっしょに楽しみたい方には、 Keurig(キューリグ)、きっと重宝することでしょう。 ディスプレイにもなる専用ツリーをくるくる回しながら、 今日はどのコーヒー、お茶を飲もうか選べるなんて 楽しいじゃありません?
手軽においしいコーヒーが飲める
キューリグ
COFFEEなら12種類


コーヒー・お茶、バラエティ豊富なメニュー
が楽しめるキューリグ
おしゃれで便利な収納ツリー





上に戻る |  キューリグ |  HOMEへ戻る
●PR
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
女性の暮らし作りを応援する総合オンラインショップ

コーヒーを淹れてそのまま飲めるホットマグ


たこ焼きもOK!おしゃれな コンパクトホットプレート


ドリップ・エスプレッソ・カプチーノの1台3役 「デロンギコンビコーヒーメーカー」


割れないコーヒー専用保温ステンレスサーバー


サイト内検索
カスタム検索

●楽天人気ランキング
コーヒー/ココア
  レギュラー
  エスプレッソ用
キッチン家電
  コーヒーメーカー
  エスプレッソ関連

キューリグ取扱店
■Amazon
国内外のキッチン・家電・食品・飲料など豊富な品揃え

■Drink&Dream D-Park
UCC製品、キューリグ・ブリュースターK-CUP取扱い

■楽天市場
キューリグ取扱店一覧

Kカップ・アクセサリー

Kカップツリー

27個のKカップを収納できる専用ホルダー。回転式。


Kカップパックタワー

30個のKカップを収納できる専用ホルダー。回転式。


Mind Reader Anchor K-CUPカプセルホルダー

マシンを上に乗せられる引き出し型の専用ホルダー。

Kカップ用詰替フィルター

Cafe Cup

市販のコーヒー粉が使える キューリグ用詰替カプセル

Kカップ詰め替え用フィルター
[Solofill(ソロフィル)
Solofill ソロフィル

市販のコーヒー粉が使える キューリグ用詰替カプセル


EZ-カップ

キューリグ用ペーパーフィルターと専用カップ。 1杯ずつ使い捨てで、後始末簡単。 →EZ-Cupの使い方


◆キューリグ用詰替用フィルター・メリタ JavaJig

ペーパーフィルターを使ったKカップ詰替フィルター。
JavaJigの同梱パーツ
JavaJigの使い方
図のようにペーパーを乗せ、カップを上から被せるだけ。 適量の粉を入れたら蓋をして完成。 ▼JavaJigの使い方

キューリグ用詰替フィルターは、海外で発売されているものです。


キューリグ記事のブログへ移動
◆お手軽コーヒーメーカーの決定版!

1度にたくさんコーヒーを飲まない者にとって、何杯分も作り置きする普通のコーヒーメーカーは少々使いにくく、 何かよいものはないかと探した結果、辿り着いたのがこのキューリグ。

既にネスプレッソは購入し泡立ちコーヒーは飲めるのでポッド式でなくてもよかったのです。

サイズが大きいのと、ランニングコストが玉にキズですが、粉もフィルターも不要、お湯を沸かす必要もなし・・・ 面倒な後始末とも無縁なキューリグは、予想以上の使いやすさ。

普通のドリップコーヒーなので癖がなく、その都度香り豊かな1杯が楽しめる「キューリグ」の手軽さは格別です。 また緑茶がなかなかおいしくて、お茶を飲む機会も増えました。

1杯約84円はしますが、この味でこの手軽さ、置く場所さえあれば、買って損なし!?


ボダムダブルウォールグラス 
プレッソのページへ
◆まるでキューリグ専用グラス!?

今回キューリグ用に使ってみた「ボダムダブルウォールグラス・プレッソ」。 写真の見栄えも良かろうと使ってみたところ、高さといい、量といいジャストフィット。

0.2Lのグラスが、キューリグKカップ1杯分(140ml)にピッタリなのです。

2重グラスなので持っても熱くならないし、シリコンバンドのおかげで滑りにくい。 おしゃれなグラスは他にもありますが、安定感があってこのプレッソが一番使い勝手がいいようです。

シリコンバンドの色は、白の他、黒や赤、緑などたくさん種類があるので、家族で使い分けしてみてもいいかも知れません。

上位表示
■特定商取引について・免責事項  Copyright (C) Coffee Avenue All right reserved.
FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO