ネスプレッソガイド:エアロチーノの使い方

コーヒーアベニュー〜カフェ用品のセレクトショップ。
コーヒーアベニュー
Coffee & Espresso
HOME | ABOUT | SITEMAP | LINK
HOMEコーヒーメーカーエスプレッソネスプレッソネスプレッソガイド > エアロチーノの使い方

エアロチーノの使い方



エアロチーノとは?

エアロチーノ(aeroccino)とは、 ネスプレッソの別売アクセサリーで、牛乳を入れてボタンを押すだけで ミルクを加熱しながら泡立ててくれる 「ミルク加熱泡だて器」のこと。

イニッシアやU、ピクシーのような スチームノズルのない 「コーヒー専用マシン」といっしょに使うことで、 誰でも簡単にカプチーノやカフェラテ用の ミルクが出来るとっても便利なキッチン家電です。 牛乳を入れてボタンを押すだけ。 エアロチーノ3は、デザインもスマートでスタイリッシュ。 コードレスで扱いやすく難しいコツも手間もかかりません。

単体でもネスレのサイトで販売されていますが、 Uやピクシーとセットになったバンドルセットとしても発売されており、 別々に買うよりお値段もお得なネスプレッソの人気商品の一つです。


Google

ミルク加熱泡立て器 エアロチーノ
エアロチーノ+
冷たい牛乳を入れてボタンを押すだけ。 加熱しながら泡立ててくれるネスプレッソのアクセサリー「ミルク加熱泡立て器」。

ピカピカのクロームボディが美しいハンドルタイプ。
ミルク加熱泡立て器 エアロチーノ
エアロチーノ3
凹凸ボディがスタイリッシュなエアロチーノ3。ハンドルが無くなり、 ひと回り小さく細長くなった本体。

使わないリングは電源ベースに収納できる賢いデザイン(※左の初期型)。
ネスプレッソ自動ミルクフローサー エアロチーノ4
エアロチーノ4
エアロチーノ3(右)のデザインを踏襲しつつ、 持ちやすいハンドルやミルクが注ぎやすい注ぎ口を付け、使い勝手が向上。

リング交換なしに、コールド1種類・ホット3種類の ミルクの作り分けが、ボタン1つで出来る自動ミルクフローサー。


ネスプレッソには、2タイプ

自分好みのミルクを作れるため、ラテアートを楽しむ方にも欠かせないスチームノズルですが、 温度が上がりすぎてもダメですし、上手なミルクを作るには練習やコツも必要。 ネスプレッソもかつては スチームノズル付きマニュアル型C190/D190、 オートカプチーノ機能付きC290/D290というのが主なラインナップでしたが、 セミオートのエッセンサC90/D90登場以後、大きく様変わりしました。

オートカプチーノ搭載マシン以外は、 ミルクの温め・泡立ては、市販ミルクフォーマーや「エアロチーノ」におまかせという 割り切ったスタイルになったのです。 そして2013年、日本でもスチームノズルを搭載した「マエストリア」が発売されることになり、 ネスプレッソでも再びミルクジャグを使ったミルクフォーム作りが楽しめるようになりました。

コーヒー中心の方に (ミルク泡立て機能なし)
イニッシア C40/D40 | U(ユー)C50/D50 | ピクシーC60/D60
ミルクを入れるカプチーノ・ラテ派に (ミルク泡立て機能付き)
バンドルセット | ラティシマプラス | ラティシマプロ | マエストリア

現在発売中のネスプレッソは、オートストップですから エスプレッソ・ルンゴがボタン1つで飲めます。 ラティシマ+、タッチ、プロはオートカプチーノ機能付きですから、カプチーノもラテマキアートもボタン1つ。 それ以外のコーヒー専用マシンですと、 「ミルクを泡立てる道具」が必要。 市販のミルクフォーマーを使えばOKですが、 レンジで温めたり、ウィスクを自分で上下させたりと若干手間もかかります。。。

そこで登場するのが、電気で加熱して泡立てるミルク泡だて器「エアロチーノ」です。


誰でも簡単・エアロチーノ

コンパクトな本体に牛乳を入れてボタンをON。あとは出来上がったミルクをカップに注ぐだけ。 泡立て用・加熱用リングを使い分けることで、カプチーノ用ミルクもラテ用ミルクも手軽に出来るようにしたのです。 作る手間を大幅に省き、飲むことに専念でき、お手入れも簡単なミルク加熱泡だて器です。

ホット用はもちろん、アイスカプチーノ用に冷たく泡立てることも可能。 デザインもおしゃれですし、コードレスで扱いやすく場所を取りません。 カプセルコーヒーで手軽に楽しめるネスプレッソのコンセプトには、スマートでピッタリな製品と言えるでしょう。
エアロチーノ3
エアロチーノ3

エアロチーノ3 ホワイト

ラティシマプラスのようなピュアホワイト系より 少しクリームっぽい白。


aeroccino+
プラス

aeroccino3
ブラック

aeroccino3
ホワイト

aeroccino3
レッド
エアロチーノ+は、ハンドルタイプ。 エアロチーノ3は、ブラック、ホワイト、レッドの3色が用意。 ネスプレッソブティックやネスプレッソのサイトで購入できます。

※一部海外仕様のものです


コンパクトになったラティシマプラス

ラテマキアートボタンをON
ワンボタンでラテマキアートが作れる
ミルクタンクを外した状態のラティシマプラス
Nespresso Lattissima Plus
ラティシマプラス F411

カプチーノもラテマキアートもボタンワンタッチで作れるオートカプチーノ機能付きネスプレッソ。

使用後はクリーンボタンで、自動的にノズル洗浄。 ロングカップが置けるスライド式トレイを採用。


ラティシマプラス」は、 ラティシマを一回りコンパクトにしたオートカプチーノ機能付きネスプレッソ。 エスプレッソ・ルンゴ・カプチーノ・ラテと4つのボタンで 直接コーヒーメニューが選べます。トレイは引出し型で仕舞えばロングカップもOK。 価格もかなりリーズナブルになりました。

ラティシマ  :W205×D342×H258mm 7.2kg 1300W 19気圧 1.2L
ラティシマ+ :W167×D319×H253mm 4.5kg 1300W 19気圧 0.9L

ラティシマプラスは、 泡の調節ダイヤルやノズル洗浄できるクリーンボタンを備えており、 ミルクタンクは食洗機対応。 衛生的に牛乳をそのまま入れっぱなしには出来ませんので、使い切るか残ったら冷蔵庫保存して 早めに使い切る方がいいでしょう。

ラティシマプラスは、ミルク抽出→コーヒー抽出がノンストップで、 カプセルを入れない状態では、ミルク抽出後、お湯だけ出ます。 ミルク抽出後、コーヒー抽出が始まる前にカプチーノ(ラテ)ボタンをもう一度押せば、 一旦止まり、ミルク単体でも使えないことはありませんが、ちょっとせわしないですね(笑)

なお、2015年に発売になった「ラティシマタッチ」では、 ラティシマプロ同様「ホットミルク」機能が新たに搭載され、 ワンボタンで ミルク単独でも温め・泡立てができるようになりました。

エアロチーノはそれ単体で使える手軽さ(メンテナンスも含め)がありますので、用途に合わせてお好みでお選び下さい。

ラティシマプラス


ラティシマタッチ


ホットミルクが作れるラティシマプロ

ラティシマプロ
ミルクタンクを外した状態のラティシマプラス
ホットミルクだけでも作れる

ラティシマプロ

ラティシマプロは、エスプレッソやルンゴはもちろん、 カプチーノもラテマキアートもワンタッチで作れるオートカプチーノ機能付きネスプレッソ。

液晶ディスプレイ&タッチスクリーンを搭載。 「ホットミルク」 「給湯ボタン」も搭載した最新モデル。
2014年10月発売の新型「ラティシマプロ」。 プロ仕様のようなシンプルなアルミ外装で、高級感が漂う新型ネスプレッソ。 ラティシマプラスの4つのメニューボタンに加え、 「リストレット」「ホットミルク」「給湯」 ボタンが追加されたタッチスクリーンを採用。 スマホのような感覚で軽くタッチするだけで、操作が可能になりました。

「ホットミルク」ボタンが独立したことで、 ミルク単独でも簡単に作ることができます。


お得なバンドルセット

エアロチーノは、ネスプレッソ用アクセサリーですので、取扱いはネスプレッソブティックやネスプレッソのサイトになります。

エアロチーノを購入するのに一番手っ取り早いのは、 U、ピクシーなどとセットになった バンドルセットを選ぶこと。 エアロチーノ単体で買うよりお値段もお得なセット商品です。 ネスプレッソバンドルセットは、「エアロチーノ3」発売に伴い、バンドルセットも新しくなりました。

Uバンドルセット
ネスプレッソU
バンドルセット

ネスプレッソU
ネスプレッソU
Nespresso U
D50OR+Aeroccino3


スライドカバーの開け閉めだけで抽出できる 先進の抽出システムを搭載したネスプレッソUに、 エアロチーノ3がセットになったバンドルセット D50OR-A3B

使い勝手もよく、 最もコストパフォーマンスに優れた1台です。


C40WH-A3B
イニッシアバンドルセット
ホワイト

C40RE-A3B
イニッシアバンドルセット
レッド

D40BK-A3B
イニッシアバンドルセット
ブラック


C50CW-A3B-I
U(ユー)バンドルセット
クリーム

D50OR-A3B
U(ユー)バンドルセット
オレンジ


C60RE-A3B
ピクシーバンドルセット
レッド

C60TI-A3B
ピクシーバンドルセット
チタン

C60BY-A3B
ピクシークリップ
バンドルセット

D60WR-A3B
ピクシークリップ
バンドルセット


C70TI-A3B
プロディジオバンドル
セット
チタン

D70SI-A3B
プロディジオバンドル
セット
シルバー


2種類のリングを使い分け


カフェラテ用とカプチーノ用

エアロチーノには、加熱用リング(Hot milk)と泡立て用リング(Milk froth)の2種類が付属しており、 メニューによって使い分けします。 カプチーノなら、コイルが付いたリング、 泡の少ないラテならコイルのない加熱用リングを使用。磁石付きで本体にピッタリフィット。

エアロチーノ+では、蓋に使用しないリングが磁石で取り付けることができ、 置き場所に困りません。

エアロチーノ3では、リングにつまみがついて持ちやすく、セットしやすくなりました。 使用しないリングは、電源ベース上に収納スペースが設けられており、無くなる心配がありません。

泡立て用はどちらも大差ありませんが、 ラテ用(ホットミルク用)はエアロチーノ3の丸い方がバランスよく回転し、 飛び散りが少なくミルクがなめらかな印象を受けました。
上がエアロチーノ3、下がエアロチーノ+
上段:エアロチーノ3
下段:エアロチーノ+

左側:泡立て用リング(カプチーノ用)
右側:加熱用リング(カフェラテ用)


エアロチーノ+については、2010年入手のもの。 またエアロチーノ3は、ピクシー登場時の初期型です。


写真でわかるエアロチーノ3

Aeroccino 3 | Aeroccino Plus

コンパクトになったエアロチーノ3
新登場エアロチーノ3 と エアロチーノ+
コンパクトになったエアロチーノ3

日本ではピクシー発売と同時に、新型エアロチーノ 「エアロチーノ3」が登場。 従来型「エアロチーノ+(プラス)」より 一回りコンパクトになりました。

+とはリングの形状が変わっています。。

Aeroccino3
本体サイズ:直径90×H170mm
電源ベース:150×105×H23mm
本体重量 :880g
コード長  :約80cm
消費電力 :450W


エアロチーノ3の同梱品
エアロチーノ3の同梱品
使わないリングはここに収納
電源ベースにリングの収納場所
底は濡らさないように注意
底は濡らさないように注意

リングの取り付け部分
それぞれ最大容量のマーク以下で使用
リングは磁石付き
泡立て用リングをセットしたところ
中の深さは約9.5cm
中の深さは約9.4cmくらい


■エアロチーノ3が変わりました!

電源ベースにリング保管場所がある従来型エアロチーノ3

電源ベースのみの新しいエアロチーノ3

マイナーチェンジ後の新しいネスプレッソ エアロチーノ3

従来のエアロチーノ3には、電源ベースにリング保管場所があり、温め・泡立て2種類のリングが付属していましたが、 マイナーチェンジ後のエアロチーノ3では、交換式に変更され付属リングは1つ

ミルクを泡立てず温める時はリングのみで使用。 泡立てる時は「リングに泡立てスプリングを付けて」から使用します。
上の動画を見る限りでは、 予め泡立てスプリングがリングに装着された状態で、梱包されているようです。 スプリングは、蓋に保管場所があります。


エアロチーノ3の使い方

Aeroccino 3 | Aeroccino Plus

2011年に発売された初期型のエアロチーノ3の紹介です。 仕様変更になった新型エアロチーノ3では、 電源ベースにスイッチはありません。 スタートボタンが、開始・停止ボタンになります。 ▼新型エアロチーノ3の使い方

100mlの牛乳を用意
冷たい牛乳を用意
用意するのは、冷たい牛乳。 今回は加熱用リングを使ってラテ用ミルクを作ります。 1杯用ということでとりあえず100ccほど用意。

なお、 泡立てリングを使ったカプチーノ用ミルクは、エアロチーノ+のページをご覧下さい。 エアロチーノ3でもほぼ同じ出来栄えです。

ラテ用リングをセット
加熱用リングを装着
リングの付いていない加熱用リングを本体に装着。 磁石でピッタリくっつきます。

前モデルに比べやや細く深くなりましたが、リングにつまみがついたので、 装着しやすいエアロチーノ3。使わない泡立てリングは、 電源ベースの専用保管場所にしまっておきます。

100mlの牛乳を入れたところ
牛乳を入れる
先程用意した牛乳をエアロチーノ3に注ぎます。 100cc入れるとリングの頭が出るくらいの高さ。

ミルク容量はそれぞれ130cc(泡立て)/250cc(加熱)が最大。 内側のMAXラインを超えないようご注意。

エアロチーノは電源ベースと本体のセパレートタイプで、 使い勝手も電気ケトルのような手軽さ。

1回押すと赤く光るスタートボタン
スタートボタンを2秒以上押すと青く点灯。

スタートボタンをON
エアロチーノ3は、電源ベースに電源スイッチがありまず緑のLEDが点灯。 次にミルクを熱く泡立て/加熱する時は、スタートボタンを1回PUSHすると ボタンが赤く点灯。

冷たく泡立てる時は2秒以上押し続けると、ボタンが青く点灯します。

ミルク加熱中
加熱中は静かなエアロチーノ3
ボタンを押すと、リングが回転を始め加熱スタート。

加熱中も音は静かで、蓋への飛び散りもほとんど見られませんでした。ランプが付いていなければほとんど気づかないほど。

泡立て用よりは多少時間はかかりながらも、1分10秒ほどでランプが消え、ミルクの加熱が終わると自動的に電源ストップ。

ラテ用ミルク完成
なめらかミルクの出来上がり
エアロチーノ3のラテ用リングを使ってみたら、リングが丸くなったためなのか、回転時のバランスがよくなり音も静かになっていました。

電子レンジの温めも不要、手間なくあっという間に、ラテ用ミルクの出来上がり。 蓋にミルクがほとんど飛び散ることもなし。 ミルクの調節こそ出来ませんが、 自分で作る手間を考えたらこんな楽なものはありません。

→エアロチーノ使用動画はこちら
→エアロチーノ3使用動画はこちら

ラテ用ミルク完成
使い方は超簡単
ラテ用ミルクは泡が少ないなめらかミルクなので、 スプーンなしでほとんどカップに注げます。

電源ベースの形も機能的で、リングの収納は秀逸なアイデア。 本体がスリムな上、凹凸があるので ハンドルがなくても持ちやすく、洗う際も特にマイナス面は感じませんでした。

→泡立てリング(エアロチーノ+)の使い方
→加熱リング(エアロチーノ+)の使い方


デザインも魅力なエアロチーノ3


エアロチーノ3になりまして、バンドルセットもエアロチーノ+からエアロチーノ3になりました。 色はブラックのみですが、コーヒーメーカーとのバランスを考えると 何色でも合うブラックは悪くない選択。

ミルクフォーマーとしては高価ですが、 ネスプレッソらしい洗練されたデザインは、大変魅力的。 内部はフッ素加工ですし、 リングも簡単に外して洗えるので、(底さえ気をつければ) お手入れは楽チン。

ピカピカのエアロチーノ+ほど、 手垢などに気を使わなくてもいい点も、エアロチーノ3のメリット?かも知れませんね。 本体を掴んでミルクを注ぐようにできているので、 熱くならず安心して使えます。




デバイスタイルからエアロチーノ!?


左:デバイスタイル MF-1 右:エアロチーノ3
コンパクトでスタイリッシュなデバイスタイル。持ちやすいハンドル付き。

泡立てリングならしっかりした泡になり、 リングを外すとレンジで温めるより甘みがあって、おいしいホットミルクの出来上がり。

静かなエアロチーノに比べると、 回転音が目立ち静粛性は見劣りしますが、使い勝手は特に変わりません。

ホットミルクはリングが丸くないので、エアロチーノ+っぽい出来栄え。

ネスプレッソユーザーに気になるニュースを一つ。 2012年3月下旬、デバイスタイルから デバイスタイル ミルクフォーマー MF-1 が発売になりました。 値段的にはバンドルセット購入時のエアロチーノ3とほとんど変わらないようです。色はブラック、シルバー、レッド。

▼デバイスタイル ミルクフォーマーのページ


メリタからミルクフォーマー発売


メリタ ミルクフォーマー クレミオ。
デザイン賞受賞のおしゃれなデザイン。
2012年11月 メリタからおしゃれな電気式ミルクフォーマー「クレミオ」が発売されました。 ドイツのデザイン賞受賞のシンプルでモダンなフォルム。

最大の特徴は、 カプチーノ、カフェラテ、ホットミルク用3つのアタッチメントが付いたこと。

色はホワイト。

▼メリタ クレミオの使い方

自動ミルクフォーマーで作れるミルクは?

エアロチーノ3 : 泡の少ないミルク、泡の多いミルク
デバイスタイル: 泡のないホットミルク、泡の多いミルク
メリタ クレミオ : 泡のないホットミルク、泡の少ないミルク、泡の多いミルク

カプチーノ用の泡の多いミルクは、電池式含め大体どれで作ってもできます。 エスプレッソにミルクを入れたものがカフェラテだとすれば、3つどれでもOK。 エアロチーノ3やメリタは、アタッチメントの違いから、泡の少ないミルクが作れる点が デバイスタイルと少し異なります。
メリタクレミオで作った
ミルクで、カフェラテ完成


3種類のアタッチメント
クレミオは3種類のミルク
クレミオ(上)は、3種類のアタッチメントがあるので、 3種類のミルクの作り分けが可能。

泡がほとんど立たないいわゆる「ホットミルク」は一番右。 ホットミルク用、カフェラテ用、カプチーノ用は、 メリタがクレミオで使い分けている言葉です。

エアロチーノは2種類のミルク
エアロチーノでは、加熱用リングがホットミルクにあたり、 レシピでもカフェラテ用として使われています。

ただ、 エアロチーノ3(下左2つ)に付属しているのは、2種類のリングのみですから、クレミオで作れる 「ホットミルク」にはなりません。

それにあたるのが、エアロチーノプラス(下右)の加熱用リングになります。


MF-1も2種類のミルク
デバイスタイルはデフォルトの状態が、この「ホットミルク」用アタッチメントです。 泡立て用はありますが、 少しフォームっぽさが残る「泡の少ないミルク」用はありません。

4台まとめて 自動ミルクフォーマー大集合!
エアロチーノ+から、エアロチーノ3、デバイスタイルMF-1、メリタ クレミオまで、 4台のミルクフォーマーについて、それぞれの特徴と違いをまとめてみました→ブログを読む


新型エアロチーノ4


ネスプレッソ エアロチーノ4
ネスプレッソ エアロチーノ4と3の違い
エアロチーノ4と3の違いは?

ハンドルが付いて持ちやすくなったネスプレッソの新型エアロチーノ 「エアロチーノ4」。カップに注ぎやすくなったシャープな注ぎ口。

今度のエアロチーノは、リング交換なしに、(コールド用含めた)4種類のミルクがボタン1つで作れます。

ネスプレッソ エアロチーノ4
ネスプレッソ エアロチーノ4のリング
エアロチーノ4の付属リングは1つのみ。

コールド用・ホットミルク・カプチーノ・ラテマッキャートの 4つのボタンが付いたエアロチーノ4の電源プレート。 →詳細はこちら


動画でわかるエアロチーノの使い方





Aeroccino Demo
エアロチーノのデモ映像。 リングをセットし、牛乳を入れボタンを押すだけ。 フロスミルクがボタンを押してあっという間に出来上がり。。。 後はミルクをカップに注いで、エスプレッソを抽出するだけなのです。




Crew Review: Aeroccino
コーヒー・エスプレッソ用品を毎回わかりやすく紹介してくれる アメリカSeattleCoffeeGearさんの エアロチーノ・レビュー。ミルクがちょっとこぼれたのはご愛嬌(笑)




Crew Review: Nespresso Aero3
SeattleCoffeeGearさんによる新型エアロチーノ3の紹介。 最初がカプチーノ用リング、次にラテ用リングのデモ。 リングの形は多少変わりましたが、 使い方などは従来のものと変わらないようです。 ホワイト、レッド、ブラック3色あるようで、 おしゃれです。 ピクシーのバンドルセットに付いてます。 ちなみにCapresso froth PROの使い方はこちら →動画




Crew Review: Nespresso Capsule Espresso Machine
SeattleCoffeeGearさんによるカプセル式コーヒーメーカー、ネスプレッソの紹介。 エッセンサ、ル・キューブ、D290、エアロチーノが登場。 ル・キューブのカップ収納スペースやコンテナの様子、 D290のオートカプチーノの使い方、 エアロチーノの使い方が映像で見られるので必見!




Nespresso Essenza C100 and Aeroccino Review
オートストップのエッセンサC100の 使い方から、エアロチーノを使った カプチーノ、カフェラテの作り方まで動画で紹介。 スチームノズルのないエッセンサですが、 エアロチーノがあれば、ミルクメニューも簡単です。 エッセンサなどのシンプルマシン+エアロチーノの組み合わせは、置き場所を取らないので スマートでよいですね。




Nespresso Citiz Espresso Maker & Aeroccino Milk Frother
スマートで洗練されたデザインで人気の ネスプレッソ・シティズの使い方やエアロチーノの使い方を動画で紹介。 シティズ・バンドルセットを購入予定の方の参考に。




Nespresso Citiz & Milk (Aeroccino) Unboxing and Use
海外で発売されているネスプレッソ・シティズに、エアロチーノがビルドインされている タイプの紹介。 梱包を開けるところから、付属品、セッティング、コーヒー、ミルクフォームをつくるところなど、 丁寧に紹介されたビデオ。このタイプ、日本では未発売です。。。 ちなみに映像に映ってるアエロラッテはたぶん、右にあるステンレスの高級タイプかも?




Nespresso Citiz Espresso Machine and Aeroccino Plus milk frother
赤いネスプレッソ シティズの梱包を開けるところから、コーヒー抽出、 エアロチーノの使い方などを詳しく紹介したショッピングガイド。 画質もいいのでオススメです。 シティズ、カッコイイ。。。




Nespresso Aeroccino
購入したエアロチーノのパッケージ開封から、 キッチンでのセッティング、使い方を順を追って動画で説明。 電気ケトルサイズとコンパクトですから、 置き場所も困りません。お手入れも簡単。


上に戻る |  ネスプレッソ |  Topへ戻る
●PR
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
女性の暮らし作りを応援する総合オンラインショップ

エスプレッソもレギュラーも飲める全自動マシン

icon icon
コンパクトなミル付き全自動コーヒーメーカー


紫外線から守る OXOコーヒー&ティーポップコンテナ


シンプルなバールステンレスキャニスター


竹ふたガラスキャニスター


サイト内検索
カスタム検索

ネスプレッソ互換カプセル

【Caffesso】 ネスプレッソマシン対応互換カプセル

イタリア人ブレンドマスターが調合したレシピを用い、世界のコーヒー生産地から厳選した豆をヨーロッパでカプセルに封入しました。



6種アソート


フレーバー3種


シングルオリジンアソート

CAFE ROYAL
ネスプレッソ互換カプセル
カフェロイヤル


スイスDelica社のネスプレッソ互換カプセル「カフェロイヤル」が日本上陸。

自動でミルクフォーム

メリタ ミルクフォーマー
クレミオ MJ-121


3種類のアタッチメントでホットミルク・カフェラテ・カプチーノ用ミルクを作り分けできる。 ▼詳細

ふわふわミルクができる

ハリオ キュート


ハリオ CZ-1


カリタ ミルクフローサー

電動ミルクフォーマー

レンジでチンした牛乳にウィスクを差し込みスイッチON。 ふわふわミルクの出来上がり。 ▼ミルク泡立て器

耐熱ガラスカップ
オスロ エスプレッソ
カフェで定番のイタリアボルミオリ社製耐熱グラス。外せる金属製取っ手がおしゃれ。


OSLO オスロ
エスプレッソカップ 100ml


OSLO オスロ
カプチーノカップ 235ml


OSLO オスロ
ティーカップ 325ml



シャープなデザインがおしゃれなイプシロン


イプシロン
コーヒーカップ 110ml


イプシロン
カプチーノカップ 220ml

▼Bormioli Rocco

2重グラス
飲み物が中に浮かぶダブルウォールグラス



bodum PAVINA
ダブルウォールグラス


コーヒー・ミルクの泡が映える二重構造グラス。

ダブルウォールグラス
Bodum PILATUS ダブル
ウォールグラス
Bodum PILATUS
ウェーブ模様が美しい二重グラス・ピラトゥス。 コーヒー・ミルクの泡が映えます。

カプセル収納ホルダー
カプセル収納ホルダーの
ページへ移動します
カプセルをおしゃれに収納できる専用ケースを集めてみました。 ▼カプセル収納

brabantia
ブラバンシア コーヒー
カプセルディスペンサー

カプセル30個収納可能。 コンテナにスプーンや砂糖、カプセルも入ります。








YouCopia
CafeStack Nespresso Capsule Organizer

カプセルを60個収納できるコンパクトな収納ラック。


Mind Reader
マインドリーダーFree Fall Coffee Pod Dispenser

カプセルを上から入れて下から取り出せるおしゃれなディスペンサー。 42個収納可能。


Nifty
Drawer for Nespresso Coffee Capsule/Pods, Set of 60

カプセルを60個収納できるスライド式収納ラック。


Nifty
Nespresso Carousel

カプセルを40個収納できる回転ホルダー。



Tavola Swiss
CAPstore Vista40
カプセルを40個収納。自立式で台座回転。


Tavola Swiss
CAPstore ROULETTE
箱のままカプセルを立てて収納できる回転スタンド。 6本60個。

UCCから発売された自動ミルクフォーマー。 容器がマグカップサイズなのが特徴。
UCCミルクカップフォーマー  MCF30
コンパクトでかわいい
UCCミルクカップフォーマー  MCF30
泡立てはボタンを1回押す
UCCミルクカップフォーマー  MCF30
約1分15秒でできあがり
UCCミルクカップフォーマー  MCF30
ふわふわミルクが完成
UCCミルクカップフォーマー  MCF30
そのままコーヒー抽出可能

マグサイズで場所を取らない自動ミルクフォーマー「UCC MCF-30」。 温め・泡立てもワンタッチ。 作ってコーヒー注いでそのまま飲めます。

▼UCCミルクカップフォーマー MCF30の使い方


HPに記述されている内容は掲載時のもので、在庫切れや商品の仕様等予告なく変更され当サイトの表記と異なる場合があります。 お求めの際は必ずメーカーHPやリンク先の情報をお確かめ下さい。
上位表示
■特定商取引について・免責事項  Copyright (C) Coffee Avenue All right reserved.
FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO